体験記事詳細

ヤーマン/リファ/コスビューティーの美顔器3機種を並べたところ

ヤーマン/リファなど人気美顔器3モデルを、肌悩み有り30代が使って比較してみた

美顔器比較セット

美顔器比較セット

短期 7,980円/15日間~


美顔器
公開日:2022年9月14日

吉元あやか

執筆者

吉元あやか


年齢を重ねるについて、増えてくるお肌の悩み。さまざまなメーカーから家庭用美顔器が登場していますが、「どれがいいの?」「効果があるのはどれ?」と迷っている人も多いはず。そこで、ヤーマン、リファ、コスビューティーの美顔器を試してみました!実際の使用感やスペックの違いなど、詳しくレビューしていきます。

1 美顔器にはどんな種類があるの?

美顔器を使っている女性のイメージ

△美顔器にはたくさんの種類があります

美顔器とひとことで言っても、種類はさまざま。私も実際に試してみるまでは、正直「どれがいいのか?」「どこが違うのか?」「これとこれの値段の違いは何?」と、さっぱり分かりませんでした。

でも最近は、30代も後半にさしかかったからか、気がつけばすっかり肌がたるんできて、ほうれい線がくっきり。フェイスラインもだるだるで「これはヤバい!」「そろそろ本格的に美顔器に手を出す時期なのでは?」と、思っていたところでした。

ただ、美顔器に搭載されている機能によって得られる効果が変わるため、いざ購入しようと思ってもどれが良いのか迷うばかり。全部を購入できればいいのですが、簡単に購入できるお値段ではないため、ここはやはり厳選しておきたいところです。

まずは、美顔器にはどんな種類があるのか確認しておきましょう。

■リフトアップ美顔器

刺激や振動によって表情筋に働きかけたり、コラーゲン生成やターンオーバーを促したりすることで、肌のハリやシワの改善、血行促進などが期待できる美顔器です。RF(ラジオ派)、EMS、超音波、マイクロカレント(微弱電流)、LEDなどの機能がついていれば、リフトアップ効果が期待できます。

■イオン導入器

電極から微弱な電流を流し、肌の奥の角質層まで美容成分を届けることができるのがイオン導入器です。電極からイオンを発生させ、汚れや古い角質を吸着する効果も期待できるため、クレンジングでは落ちにくかった汚れや毛穴の黒ずみ、角栓を除去したい場合に向いています。

■プラズマ美顔器

プラズマとは、気体を活性化したうえでイオン化させたもの。プラズマはほかの物質を吸着・結合する作用があるため、これを利用して肌の浸透率をアップさせるのがプラズマ美顔器です。プラズマを肌に照射することで、肌の導入効果を高め、肌の調子を整えます。

■ウォーターピーリング

ウォーターピーリングは、超音波と水の力で毛穴の汚れや角質を浮かせて落とす美顔器です。水と超音波のみで汚れを落とすため、肌が弱い人におすすめです。

■ローラー美顔器

顔の上をコロコロ転がして、リンパの流れを促しフェイスラインを整えるタイプの美顔器です。電源が不要でコンパクトなため持ち運びも手軽。顔以外に、二の腕や脚に使えるものもあります。

2 美顔器の選び方

顔に手を当てている女性のイメージ

自宅で手軽にエステ気分を味わえる美顔器ですが、選び方を間違えると期待していた効果を得られないことも。美顔器の種類で紹介したように、搭載されている機能によって効果が違うため、最初に「どんな肌悩みを解決したいのか」を決めておくことが大切です。そのうえで、以下の4つのポイントもチェックしておきましょう。

■重さ&サイズをチェック

今回試した美顔器は、最長でも1回の使用時間は10分と短いものばかりですが、重さがあると意外と手が疲れてしまいます。そのため、片手で持っても疲れないものがベストです。持ち手の握りやすさやサイズ感も一緒にチェックしておきましょう。

■防水性かチェック

お風呂で使いたい場合は、防水仕様になっているかどうかを必ずチェックしましょう。

ちなみに、今回の試した美顔器はいずれも非防水タイプでしたが、お風呂上りのスキンケア時の使用だったので問題なし。水回りで使わないなら、そこまで防水性は必要ないかもしれません。

■使いやすさをチェック

機能に注目しがちですが、こまめに使用するなら使いやすさも重要なポイントです。持ち手が太すぎると握りにくかったり、肌に当てる面積が小さいと時間がかかったりするため、購入前にチェックしておきましょう。液晶画面がついていると、設定を一目で確認できます。

■充電方法をチェック

充電タイプは、主にACアダプター、USB、電池式の3つ。コードレスタイプであれば場所を選ばず使えますが、充電しながら使用できるタイプなら、充電するのを忘れていたときでも使えるので便利です。

■いきなり買う前に、レンタルしてみるのがおすすめ

カタログを見比べたり店頭で手に取ってみたりしたとしても、「自分の肌にあっているか?(肌トラブルは起こらないか)」「長く使い続けられそうか?」というのは、実際に使ってみないとわからないもの。そのため、まずはレンタルしてみて、自分の肌で体感してみるのがおすすめです。

美顔器やスチーマーなど豊富にラインナップ!
ヤーマン/パナソニックなど人気ブランド製品も多数
レンタルできる美顔器をチェック

3 人気美顔器3機種を実際に試してみました

左からリファ、中央ヤーマン、右がコスビューティーの美顔器3種類

△左からリファ、中央ヤーマン、右がコスビューティーです

購入する前に実際に試してみるのが一番ですが、さすがに店頭に置かれている製品を顔に当てる気にはなれませんし、自分が使っている化粧水を持ってくるわけにもいきませんよね。

そのため、気になる美顔器があっても手に取るタイミングがなかったのですが、kikitoで美顔器を3種類セットで比較できるレンタルがあったので、気になっていた美顔器3製品をレンタルして実際に使用してみることにしました!

美顔器が届いた初日は、レンタルできたのがうれしくて一度に全部試してみたのですが、さすがに肌への負担が大きそうなので、15日のレンタル期間中はそれぞれをローテーションさせて使うことに。

ヤーマンのRF美顔器フォトプラスとリファビューテック レイズはメイクを落としたお風呂上りのタイミングで夜に使用し、毎日使えるRISE R1 Airは夜だけでなくメイクをしない日の朝にも使ってみました。

では、それぞれの特長と使用感をレビューしていきます!

■ヤーマン RF美顔器 フォトプラス

公式製品情報】【レンタルページはこちら

ヤーマンのRF美顔器フォトプラス

△コンパクトですが結構ずっしりしています

ヤーマンのRF美顔器フォトプラスは、コンパクトなのに、これひとつで毛穴ケアからクレンジング、引き締めと本格的なケアができるオールインワン美顔器です。

イオン導出・導入、 EMS、RF、冷却と5つのモードが搭載されており、気になる肌の悩みにあわせてアプローチできるのが特長。冷却(COOL)モード以外は、RF波(ラジオ波)でじんわりと温めてくれるので、マッサージのような気持ちよさがあります。

▼ヤーマン RF美顔器 フォトプラスHRF-10の主なスペック

種類 RF美顔器
重さ 約220g
サイズ 約W44×H190×D57 (mm)
モード CLEAN/MOISTURE/EMS UP/RF LED/COOL
使用時間目安 各モード約3分
推奨使用頻度 週に2~3回、COOLは毎日でも可能
EMS あり(5段階調整)
RF あり(レベル選択不可)
LED あり(赤)
イオン導入/導出 導入あり/導出あり(5段階調整)
クーリング あり
自動オフ機能 あり
防水性能 なし
内蔵バッテリー あり(満充電まで約2.5時間/約40分の連続使用可能|充電可能回数・約300回)
充電中の使用 可能|充電は専用ACアダプター使用
使用できる化粧品 水溶性の化粧品(オイル系、スクラブ系不可)|専用品もあり(RFブースターパッド ディープクレンズ/RFブースターパッド クリアディープモイスチャー)

【使った感想】

使い方はとっても簡単でした。

本体のコットンリングを外してコットンを装着し、手持ちの化粧水を染みこませたら施術モードを選びます。CLEANとMOISTUREモードは、スイッチを入れるとブルブルと振動するので、電極ヘッドを肌に当ててすべらせていくだけです!イオンレベルも5段階で調節可能です。

ヤーマンのRF美顔器フォトプラスはコットンリングの取り外しが簡単

△コットンリングは磁石になっているので、簡単にコットンを装着できます

ヤーマンのRF美顔器フォトプラスは液晶画面もついていて操作が簡単

△操作自体はボタンでしますが、液晶画面がついているので直観的に扱えます

EMS UPモードは、振動はなく「ジジジジ……」と少しピリつく感じ。私は最初なので低レベルで使用しましたが、レベルを上げるともっと刺激がわかりやすいかもしれません。COOLモードは結構な冷たさで、仕上げに肌をひんやりさせるのが気持ちよかったです。

RF LEDモードで電極ヘッドの赤色LEDが点灯しているところ

△RF LEDモードは電極ヘッドの赤色LEDが点灯します

RF LEDモードはコットンなしでもOKですが、コットンをつけていたほうが肌をすべらせやすかったので、つけたまま使用しました。また、RF LEDモードのみ目のまわりのケアが可能。この場合は、コットンを外して目を閉じ、肌から5cm以上離して照射します。目をつぶっていてもまぶしいですが、じんわりと温かさを感じます。

人気のヤーマン製美容家電、
kikitoに豊富に揃ってます!
気になる製品を気軽にレンタル♪
製品一覧はこちら

■ReFa リファビューテック レイズ

公式製品情報】【レンタルページはこちら

リファビューテック レイズ

△今回試した3つの中では一番サイズが大きいですが、意外と軽量です

リファビューテック レイズは、異なる周波数のパルスを同時に照射し、肌深部の角層にまで働きかけ、肌の美しさを育むことを目的とした美顔器です。

搭載している機能は、RFやイオンクレンジングなどなんと9つ!それらを組み合わせた3つのモードを使い分けることができます。

ひとつめは、なりたい肌状態にあわせ、微細な毛穴汚れまで取り除く「CLEANモード」。ふたつめは、微弱電流「マイクロカレント」を発生させて筋肉に刺激を与える「MCモード」。そして3つめが1MHzのRFと超音波の照射、イオン導入を同時に行える「RF-Wpulseモード」です。

ワンタッチで3つのモードを通しで使うことも可能。汚れ除去からひきしめ、美容成分の浸透までを、1回5分で行えます。

どのモードも手持ちの化粧品と一緒に使うことができますが、独自成分を配合した専用コスメのリファC.P.セラムリフト/リファC.P.セラムグロウを一緒に使用すると、より効果的なのだとか。

▼リファビューテック レイズの主なスペック

種類 多機能美顔器
重さ 本体 約178g、スタンド 約45g
サイズ 本体 約W56×H203×D63(mm)
スタンド 約W59×H 153×D54(mm)
モード CLEAN/MC/RF-Wplse
使用時間目安 約5分
推奨使用頻度 週2~3回
EMS なし(マイクロカレントには対応)
RF あり(レベル選択不可)
LED あり(赤/青/黄)
イオン導入/導出 導入あり/導出あり
クーリング なし
自動オフ機能 あり
防水性能 なし
内蔵バッテリー あり(満充電まで約2時間/約40分の連続使用可能|充電池寿命・約3年)
充電中の使用 不可|充電はUSB Type-Cケーブル
使用できる化粧品 水溶性化粧水/ジェル等(スクラブ系、ピーリング系、手作りコスメ不可)|専用品もあり(リファC.P.セラムリフト/リファC.P.セラムグロウ)

【使った感想】

リファビューテック レイズを持っているところ

△流線形の持ち手が、手になじみます

リファビューテック レイズのコットンリングは磁石式で取り外しが可能

△こちらも、コットンリングは磁石になっているので装着が簡単です

ヤーマンのRF美顔器フォトプラスは電源を入れた瞬間から振動していましたが、リファビューテック レイズは肌に当てている間だけ振動します。最初は、電極ヘッドがしっかりと肌に当たっていなかったのか反応しないときがありましたが、使用しているうちにすぐに慣れてきました。

リファC.P.セラムリフトとリファC.P.セラムグロウ

△専用の美容液 、たるみケア成分が配合されたリファC.P.セラムリフト(左)とくすみケアが配合されたリファC.P.セラムグロウ(右)

手持ちの化粧品と使うこともできますが、せっかくなら最大限の効果を体感したい!ということで、ReFaが販売している美容液と組み合わせて使ってみることにしました。(※kikitoでレンタルできるデバイスには、美容液は同梱されていません)。

美容液は、どちらも伸びのよいテクスチャー。たるみが気になる私は、リファC.P.セラムリフトを使用した回数が多かったですが、驚くことに若干のリフトアップを実感!!正直、「美顔器を使っても使わなくてもそんなに変わらないんじゃ……?」と思っていたので、早くも美顔器にハマってしまいそうです。

3つのモードが5分で完了するので物足りなさを感じる人もいそうですが、面倒くさいことが苦手な私にとっては「たったの5分でスペシャルケアが完了する」というのが一番のメリットでした。

リファビューテック レイズをスタンドに乗せたところ

△高級感のあるエレガントなボディなので、使用後にそのまま置いておいてもおしゃれです

また、今回レンタルした3機種の中では、唯一スタンドがついていました。スタンドがないとコロコロと転がっていったり、収納場所に困ったりと地味にストレスなのですが、使用後はスタンドにセットして置いておけるのでかなり便利です!

1回5分・3STEPの「肌育プログラム」で手軽に美容ケア♪
頭皮ケア/光脱毛器などReFaの人気製品も借りられます!
製品一覧はこちら

■コスビューティーRISE R1 Air

公式製品情報】【レンタルページはこちら

COSBEAUTY RISE R1 Air

△保護キャップ付きなので清潔を保てます

RISE R1 Airは、今回試した美顔器の中で唯一ひとつの機能に特化したプラズマ美顔器。低温プラズマ技術を採用しており、一時的に肌に浸透経路をつくるため肌の浸透率が格段にアップ!美顔器を使用したあとに使う化粧水や美容液を角質層まで届けてくれるそうです。ヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンC/ビタミンC誘導体などが配合された化粧水/美容液との使用がおすすめとのこと。

浸透率が高くなる分メイクなどの成分も浸透してしまうので、使うタイミングは夜がおすすめ!また、使用する化粧水も、防腐剤等無添加のものが推奨されています。

使い方は、顔表面の水分をしっかりと拭き取ってからヘッドを顔に当てていくだけです。オーバーケア防止のため、10秒ごとに「ピッ」と音がなるので、使用説明書通りの手順にそって優しく動かしていきます。

▼RISE R1 Airの主なスペック

種類 プラズマ美顔器
重さ 約120g
サイズ 約W39×H163×D45(mm)
モード プラズマケア
使用時間目安 5~10分(1回で合計最大10分)
推奨使用頻度 毎日可能
EMS なし
RF なし
LED なし
イオン導入/導出 導入あり/導出あり(プラズマ発生による)|レベル調整可能(弱・中・強)
クーリング なし
自動オフ機能 あり
防水性能 あり(IPX5)
内蔵バッテリー あり(満充電まで約3時間/約60分の連続使用可能)
充電中の使用 不可|充電はUSB Type-Cケーブル
使用できる化粧品 使用時に化粧品は不要

【使った感想】

電源を入れると、「ジジジジジ」と音がして肌に当てるとバチバチッと音がしました。私は痛みも感じず、刺激などもなかったですが、静電気がダメな人はちょっと苦手に感じるかもしれません。独特のオゾン臭がしましたが、ヘッドに鼻を近づけて臭いをかがない限りはそんなに気になりません。

RISE R1 Airのヘッド部分。ここからプラズマが発生します

△ここからプラズマが発生します

最初の2回はLowレベルで使用。そのためか、化粧水を塗ったあとも美顔器を使う前と違いがあまり分からなかったのですが、慣れてきた3回目からHighレベルにしたところ、肌触りがなめらかになってきました。使うときの肌の調子にもよりますが、今の私にはHighレベルがベストでした。また、しっかりと浸透ケアしたいときもHighレベルがおすすめとのこと。

ヤーマン RF美顔器 フォトプラスとリファビューテック レイズの使用頻度推奨が週2~3回なのに対し、RISE R1 Airは毎日使用できるので、継続すればさらに効果を実感できそうです。

毎日使える&消耗品も不要だから気軽に続けられる!
レンタルして毎日のケアに取り入れてみよう
レンタルはこちら

4 3機種の違いをスペックで比較

▼美顔器3機種の比較表

メーカー ヤーマン リファ コスビューティー
製品名 フォトプラス HRF-10 リファビューテック レイズ RISE R1 Air
  フォトプラス HRF-10の製品写真 リファビューテック レイズの製品写真 RISE R1 Airの製品写真
重さ 約220g 約178g 約120g
モード CLEAN/MOISTURE/EMS UP/RF LED/COOL CLEAN/MC/RF-Wplse プラズマケア
使用時間目安 各モード約3分 約5分 5~10分(1回使用最大10分)
使用頻度 週に2~3回、COOLは毎日でも可能 週2~3回 毎日可能
自動オフ機能 あり あり あり
主な機能 イオンクレンジング/RF/イオンモイスチャー/振動/EMS/LED(赤)/冷却 イオンクレンジング/マイクロカレント/LED(青、黄色、赤)/バイブレーション/RF×超音波×PI プラズマ機能に特化
  kikitoでレンタル kikitoでレンタル kikitoでレンタル

\まとめて借りられる「比較セット」なら、レンタルも返却もかんたん!/

5 まとめ:美顔器は試して選ぶのがおすすめ!

美顔器は、「鏡の前に座ってじっくり時間をかけてスキンケアするもの」と思い込んでいましたが、実際は1回のスキンケアにかかる時間は5~10分。今回試した3種類の美顔器は、どれも自動オフ機能がついているため、やりすぎて肌に負担をかけることもありません。なにより、短時間の使用でも肌がもっちりと柔らかくなったことに驚きました!

また、3種類の美顔器を試してみて分かったのは、ただ化粧水や美容液を塗るだけよりも、はるかに肌のなめらかさが違うということ。使い方も簡単で手軽なので、これならズボラな私でも継続できそうです。

肌の悩みにあった機能を搭載している美顔器を選ぶことが大切ですが、同じような機能なら好きなデザインや収納のしやすさ、扱いやすさで選ぶのも良いのではないでしょうか。

購入前にレンタルして使い心地を試しておけば、後で「失敗した……」「あっちの製品にしておけばよかった……」と後悔することもないはずです。愛用している化粧水や美容液との相性も試せるので、自分にピッタリな美顔器を見つけたい人は、「まずはレンタルで試してみる」という選択肢は大いにアリですよ!

\kikitoの利用は4ステップ!使い方を動画で解説/

取材・執筆

吉元あやか

吉元あやか

1984年生まれ。前職の臨床検査技師を経て、美容/医療/芸能/政治などあらゆるジャンルの記事をWEBメディアに寄稿しているフリーのWebライター。2児の母で、家にこもってドラマやアニメを観るのが趣味。


関連するデバイス


関連する記事

Loading...