体験記事詳細

SIXPAD Foot Fit 2の使用イメージ

【プロが評価】SIXPAD Foot Fit 2を試した!家にいながら運動不足を解消できる?

MTG EMSマシーン トレーニングギア SIXPAD Foot Fit 2

MTG EMSマシーン トレーニングギア SIXPAD Foot Fit 2

短期 6,880円/15日間~

もらえるプラン 3,000円/月額
(30日単位/自動更新)


フィットネス/トレーニング
公開日:2022年3月16日


家電ライターが「SIXPAD Foot Fit 2」を実際に体験レポート!使ったからこそ分かる効果や、よくある疑問に回答。さらにフィットネストレーナーが、日常に取り入れて使用するためのポイントを解説します。

1 自宅で手軽にセルフケアができる SIXPADとは

SIXPADラインナップイメージ

在宅時間が増えたことで注目されているEMS。ここ数年で体のさまざまな部位に使えるEMS機器が増えています。

EMSとはElectrical Muscle Stimulationの略で、日本語訳は「筋電気刺激」となります。文字どおり、電気の刺激を筋肉に直接送って筋肉を動かす技術。通常の運動は脳から筋肉に信号が送られることによって筋肉を動かしますが、EMSは体の外部からの電気刺激によって直接筋肉に信号を送り、狙った部位をしぼってトレーニングすることができます。ダンベルなどを利用した筋トレと同じように筋肉に刺激を与えられるので、筋肉強化が可能です。

電気は筋肉に流れ、脂肪にはほとんどない流れないという性質があるため、直接脂肪は減りません。ただし、筋肉をボリュームアップすることで基礎代謝が上がるので、脂肪を燃やしやすい体づくりのサポートになります。

このようにEMS機器は室内で手軽に使用することで、負担なく筋肉トレーニングができるので、「運動が苦手」という方はもちろん、体の衰えを感じて筋力アップをしたいという方にもおすすめ。テレビを見ながらなど、ながら作業でのセルフケアが可能なので、世代を問わず使うことができます。

なお、EMS機器は部位によっては一度に複数を全身に使うこともできます。しかし、下半身用の製品は併用ができなかったり、腕は両腕同時に使用することができなかったりと、ケース・バイ・ケースです。ですので、そのため、自分が鍛えたい部位の使用に適した機器を選ぶ必要があります。

ラインナップが豊富なSIXPADなら、目的にあったタイプを見つけることができます。

■使う場所別でわかる、SIXPAD主なラインナップ

SIXPADラインナップ

ウエスト・腹筋を鍛える
Powersuit Abs Abs Belt Abs Fit 2 Body Fit 2
Powersuit Abs Abs Belt Abs Fit 2 Body Fit 2
お尻と太ももを鍛える
Powersuit Abs Hip & Leg Bottom Belt
Powersuit Abs Hip & Leg Bottom Belt
腕を鍛える
Body Fit 2 Arm Belt
Body Fit 2 Arm Belt
脚・太ももを鍛える
Body Fit 2 Leg Belt Foot Fit Lite Foot Fit 2 Foot Fit Plus 2
Body Fit 2 Leg Belt Foot Fit Lite Foot Fit 2 Foot Fit Plus 2

■世界のトップアスリートも信頼を寄せる

プロボクサー世界王者 井上尚弥選手

△プロボクサー世界王者 井上尚弥選手

小学校1年でボクシングをはじめ、高校生時代には、高校史上初のアマチュアボクシング7冠を達成。プロ転向後は6戦目にして世界王座に。2021年12月に開催された世界タイトルマッチでは、WBA世界スーパーバンタム級、IBF世界同級王者の防衛に成功。プロ入り後22戦全勝(19KO)のトップボクサーの井上尚弥選手もSIXPADを愛用しています。

「僕の自宅やジムにも、SIXPADを導入しています。SIXPADを使った効果的なトレーニングで、ボクサーとしてさらなる高みを目指していきたいです」と井上選手もトレーニングに取り入れています。

2 SIXPAD Foot Fitの種類とおすすめタイプ

SIXPAD Foot Fitの分類とおすすめタイプ

商品名 写真 こんな方におすすめ 概要 プログラム リモコン
/アプリ
販売価格(税込)
Foot Fit2 Foot Fit2

kikitoでレンタル

足裏からふくらはぎのトレーニング、トレーニングより少し軽めのウォーキング体験を楽しみたい方に。
歩行のお悩みが深い方向けにおすすめ。
初代と比べ、レベルが20段階から25段階に増え、リモコンが付いて操作が便利に。「ウォーキング・プログラム」が新たに追加されている トレーニング・プログラム(23分)・ウォーキング・プログラム(20分) あり/なし 42,000円
Foot Fit Plus2 Foot Fit Plus2 足裏から太ももまでの筋肉トレーニングから日々のコンディションの調整まで、使いわけたい方に。 目的に合わせて「トレーニング・プログラム」「ウォーキング・プログラム」「コンディショニング・プログラム」という3つのプログラムを選択できる トレーニング・プログラム(23分)
ウォーキング・プログラム(20分)
コンディショニング・プログラム(約12分)
あり/なし 63,800円
Foot Fit Lite Foot Fit Lite 足裏からふくらはぎまでの基礎的な筋力アップをしたい方で、購入時の出費を抑えたい方に。
SIXPADを初めて使用する方や、若い方から高齢者でも自立して生き生きと生活できる方向け。
本体の重さは1.1kgに軽量化され、持ち運びがしやすい。単3アルカリ電池は3本でOK。リモコンも本体に収納できるので使いやすい。 トレーニング・プログラム(23分) あり/なし 38,800円

△ウォーキングプログラムはトレーニングプログラムよりも強度が弱いため、筋肉維持を目的としたプログラムになります。

Foot Fitは現在3モデルが展開されている、人気のシリーズです。足裏、前すね、ふくらはぎをトレーニングできるタイプと、さらに太ももまでトレーニングできるタイプの2つに大きく分けられます。

アプローチできるのはその名のとおり「足」で、2018年に発売された初代Foot Fitの刺激の強弱レベルは20段階。アプリを使用しながらトレーニングでき、トレーニング・プログラムは23分のコースのみとなっています。

2021年に登場したFoot Fit Liteは簡易版でレベルは10段階(Foot Fit Liteのレベル10が、Foot Fitのレベル20と同じ強さ)。単3アルカリ電池は4本から3本に減り、約1246gの重さだったFoot Fitから約1100gに軽量化され、持ち運びがしやすくなりました。Foot Fit2はトレーニングモードのほかにウォーキング・プログラム(20分)を追加。レベルは25段階となっています。

Foot Fit Lite 2021年発売。簡易版。刺激レベルは10段階。約1100gに軽量化され、持ち運びがしやすい。
Foot Fit2 2021年発売。刺激レベルは25段階。トレーニングモードのほかにウォーキング・プログラム(20分)を追加。

一方、太ももベルトが付属し、太ももまでケアできる最新モデルのFoot Fit Plus 2は、従来のトレーニング・プログラム(23分)、コンディショニング・プログラム(12分)に加え、新たにウォーキング・プログラム(20分)が追加されました。レベルも20段階から25段階に増えています。

Foot Fit Plus 2 2021年発売。従来のプログラムに加え、新たにウォーキング・プログラム(20分)を追加。

また、Foot Fit Lite とFoot Fit 2、Foot Fit Plus 2はリモコンが付属した代わりに、専用アプリは非対応に変更されています。

なお、「Foot Fitを持っているので、太ももベルトだけ追加購入したい」という声も聞きますが、後からFoot Fitシリーズに追加して使用することはできません。

■足腰の筋肉を刺激して生活の質(QOL)を向上

SIXPAD Foot Fitの仕組み

立ったり、歩いたり、日常動作の基盤となる筋肉は、QOL(Quality Of Life:生活の質)に強い影響を与えます。 これらの筋肉ほど加齢の影響で衰えやすいので、しっかりと鍛えることがQOLの維持・向上には必要です。とはいえ、ジムに行くのはハードルが高く、なかなか運動する時間がないという方も多いのではないでしょうか。

Foot Fitシリーズは、座ったまま足を乗せることで、EMS(筋電気刺激)が、足裏、すね、ふくらはぎといった歩くときに使う3つの筋肉を効率的にトレーニングします。左右の足を電気が行き来する通電方法を採用し、足の動きに合わせて本体が前後に傾きトレーニングをサポート。電気刺激による痛みも独自の技術で軽減されているとのことです。

3 【在宅ワーク検証レビュー】SIXPAD Foot Fit 2の使い心地

在宅ワークでSIXPAD Foot Fit2を使用しているイメージ

最近は在宅ワークも増え、運動不足が気にかかっています。ちょっと歩くだけでふくらはぎが重くなったり、小さな段差につまずいて転んでしまったりするなど、本気で「マズイ」と危機感を覚えました。私が筋力アップをしたいのはズバリ「足」です。そこで、一念発起してSIXPAD Foot Fit 2にチャレンジすることにしました。

SIXPAD Foot Fit 2を詳しく知る

■「SIXPAD Foot Fit 2」の特長&使い方

SIXPAD Foot Fit 2のイメージ画像

現在は在宅ワークで、1日8時間はパソコンの前に向かっています。ほかは家事をしたり、買い物に行ったりする程度で完全に運動不足。少し遠出するだけで息が上がり、足がこわばっています。これはピンチ……。

Foot Fitシリーズは、足の運動のときに必ず使われるふくらはぎ、弱るとつまずきの原因となるすね、歩行時の負担を分散させてバランスを保つ足裏をトレーニングできるとのこと。本格的な足のトレーニングというよりも、歩行サポートとして気軽に使えるので、運動不足解消目的で使うのに合っているようです。

デスクワークなので座りながら仕事中でもできますが、個人的にリラックスしながらトレーニングしたかったので、ソファに座り、テレビを見たり、音楽を聴いたりしながら毎日日中に試しました。

■SIXPAD Foot Fit 2の基本&特徴

使用できるのは1日1回まで。トレーニング・プログラムは23分、ウォーキング・プログラムは20分で、どちらか一方のみとなります。

自分の意識とは関係なく、一部の筋肉が動かされる感覚で驚きましたが、微弱なレベル1からはじめられるので、個々の体格や好みに合わせ、無理のない強さを設定できます。

トレーニング・プログラムは、時間の経過とともに段階的に強度が高まり、ウォームアップしながらトレーニング、そしてクールダウンまで自動で切り替わります。グーッと足首からふくらはぎまで、つかまれているような感覚がありました。

ウォーキング・プログラムは左右交互にリズミカルに刺激され、まるで歩いているかのような楽しさがあります。

トレーニング・プログラムの方がハイパワーで、筋肉がグイグイ収縮される感じ。好みもありますが、ウォーキング・プログラムの方が短いこともあり、負荷は軽めでした。

■使い方の注意点

SIXPAD Foot Fit 2を使用しているイメージ

私はレベル12、私よりも体重が軽い娘は最高でもレベル7で使っていました。体格などにより耐えられるレベルは変わってくるので、最初は少しずつはじめた方がいいかもしれません。

また、乾燥にも注意が必要です。足の裏が乾燥していると、反応が鈍くなります。冬場は特に乾燥しているせいか、素足を乗せても無反応のときがありました。お風呂上がりなどでは問題なく使用できますが、ぬれティッシュなどを常備しておき、サッと足裏をぬらすと問題なく使えました。

1日に1度しか使用できないので、しっかりトレーニングしたいときは、強めの刺激でも気にならないシーンでの使用がおすすめです。足の動きに合わせて本体が前後に追従し傾く構造(ロッキング構造)でトレーニングもできますが、本体が床に接する際、ガタンガタンと音がします。その音が気になってしまい、仕事に集中できないことがありました。

マンションにお住まいの方や、夜間などの使用時も注意が必要です。ロッキング構造を活用する場合は、防音の対策としてヨガマットなどを敷いておくことをおすすめします。

■使ってみてわかったポイント

SIXPAD Foot Fit 2を使用しているイメージ

●3D形状で足裏にぴったりフィット

足を置く場所は足裏にフィットする3D形状で、足裏全体が当たりやすく、ピタッと収まります。

●なだらかに強度を増す刺激レベル

刺激の強さはトレーニング・プログラムで25段階、ウォーキング・プログラムで20段階から調整できます。レベルが細かくわかれているので、微妙な調整もできます。

最初の数日はレベル10でしたが、慣れてきたので12に上げて使用しました。レベルを1上げるとなだらかに強くなるので、ビクビクすることなく、あんしんして調整できました。

●急な用事にも対応できる一時停止機能

「一時停止」もできるので、突然の来客や電話などにも対応でき、残り時間が1分単位で表示されるのも便利です。

■Foot Fit 2を使って感じた魅力

SIXPAD Foot Fit 2を使用しているイメージ

■ながらで使えるから気軽に続けられる

トレーニング・プログラムで23分、ウォーキング・プログラムで20分。ずっと筋肉を収縮し続けるわけではなく、「鍛える」「休ませる」を繰り返します。テレビを見たり、読書をしたりしながらケアをすると、それほど長い時間と感じることはありませんでした。

個人的にはリズミカルに左右を収縮するウォーキング・プログラムが心地よく、よく使っていました。使用後は運動した後のように心地よい疲労感があります。

■運動後に足をほぐすのにもぴったり

遠出をして6kmほど歩き、2時間以上立ちっぱなしで、ふくらはぎがパンパンになってしまった日がありましたが、トレーニング・プログラムをするとほぐれてスッキリ。歩いた日も、歩かなかった日もFoot Fit 2でケアすることで膝から下の心地よさを感じることができるので毎日のケアが欠かせなくなりました。

■冷え性にも効果を実感

また、ここ数年は更年期障がいもはじまり、右足だけ冷えを感じることもありましたが、2週間ほど試したところで冷えの症状も徐々に改善されたように感じました。1日でもやめると冷えがつらかったので、これも毎日続けている理由の一つとなっています。

今回はFoot Fit 2で膝から下へのアプローチのみでしたが、個人的には想像以上に効果を実感できたので、膝下だけでなく太ももにも挑戦してみたいです。そんなわけで、今はFoot Fit Plus 2も気になっています。

SIXPAD Foot Fit 2を自宅で試す

■使ってわかった、日常生活に取り入れるポイント

SIXPAD Foot Fit 2を使用しているイメージ

■リモコン操作で楽チン

リモコンも付属しているので、かがむことなく、手元で操作できます。前モデルのFoot Fitはアプリで操作できましたが、リモコンの方がシンプルな操作感で、年代問わず、迷わず操作できるように思いました。ただ、リモコンを本体に収納できないのは少し不便。本体のどこかに収納でき、一緒に持ち運びできるようになると、より便利になるのですが……。

■軽量・コンパクトで持ち運びやすい

予想よりも本体が軽量・コンパクトだったことにも驚きました。乾電池で作動するので、コンセントにつなぐ必要もなく、準備が簡単です。持ち手も付いており、サッと取り出してセットできるので、どこでも好きな場所ではじめられます。普段は立てかけて収納できるので場所もとりません。

私はソファで使いましたが、家族はダイニングテーブルの椅子などで使用することも多く、その都度各自で持ち歩いて使っていました。この手軽さも気に入っています。

4 よくある疑問をチェック

SIXPAD Foot Fit製品に関して、ユーザーから寄せられるよくある疑問について、販売元である株式会社MTGの広報担当者に伺いました。

Q. 膝や股関節の悪い人にも効果はある? 使用できますか?

一人ひとり程度や状態が異なりますので、まず使用に関しては医師にご相談いただくようにお願いしております。特に脚にけがをしている方や手術をしたことがある方は、使用する前に必ず医師にご確認いただくようにお願いします。

Q. 1日何回まで使っていいですか? なぜ使用回数に制限があるのですか?

1日1回までのご使用となります。同じ箇所への繰り返しの使用は筋疲労を起こす恐れがありますので、あんぜん上の理由から1日1回まででお願いしております。また、1日1回でも十分トレーニングできるようにプログラムを設計しております。

Q. SIXPAD Foot Fit 2を使ったら、どのような効果を感じられますか?

実際に使用したお客さまから、階段の上り下りが楽になった、足の指からしっかり踏み出せるようになった感じがする、などのお声が多数届いていますので、使っていただくと手応えを感じていただけるかと思います。

SIXPAD Foot Fit 2を自宅で試す

5 フィットネスのプロが効果的な使い方を解説

試してくれたのは、スポーツトレーナー 松田明典さん!

松田明典さんプロフィール画像

■プロフィール■
R-bodyアカデミーR-Conditioningコース修了。米国NASM認定パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト/全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー/格闘技エクササイズ団体BRAFT代表/格闘技エクササイズのインストラクターやパーソナルトレーナーとして活動するだけでなく、企業での講演や監修など幅広く活動中。

新型コロナウイルス感染症の流行によりテレワークが推奨され、在宅で仕事をする社会様式が定着しつつあるなかで、運動不足が問題となっています。これまでもオフィスワーカーは職場への通勤以外はデスクワーク中心で運動不足になってしまいがちでしたが、在宅でのテレワークによって通勤中の移動機会まで失われてしまったので、さらに運動不足となり、体重が増加。それだけでなく、下半身の筋力低下が危惧されています。

今回、この「SIXPAD Foot Fit 2」を試させていただきましたが、在宅ワークのお供としてとてもよいトレーニングアイテムだと感じました。

在宅での生活になり、どうしても減ってしまうのが「歩行数」です。運動不足解消のために自宅でスクワットはできますが、部屋のなかを外のように歩き回るというのは難しいかと思います。

スクワットでは、太ももの前側やお尻などの下半身の大きな筋肉を鍛えることができても、歩行時に刺激されている足の裏やふくらはぎ、すねの前側にある細かい筋肉などは衰えてしまいます。しかし、「SIXPAD Foot Fit 2」を使えば、その衰えをカバーすることができます。

実際に使用してみて、足を乗せているだけで電気刺激によって足裏からふくらはぎ、すねの前側がしっかり収縮されるのが感じられ、トレーニング・プログラム(23分)を終えた後には筋肉に心地よい疲労感がありました。

本来であれば、トレーニングの時間を設けて各筋肉の部位を鍛えるトレーニングを集中して行わねばなりませんが、「SIXPAD Foot Fit 2」であれば、パソコン作業やテレビを見ながら鍛えることができます。

運動効果を得るためには継続することが大切ですが、その継続しやすさという点において「SIXPAD Foot Fit 2」は気軽に行える優れたトレーニングアイテムだと思います。

SIXPAD Foot Fit 2を自宅で試す

6 まとめ

2週間ほど試しましたが、現在購入を検討しています。続けていると明らかに足の運びが軽くなり、こわばりなども軽減されました。ただ、1回のトレーニングが20分・23分ということで長いと感じる方もいるかもしれません。また、効果については個人差があると思いますので、まずはレンタルしてみて、効果を実感できそうか、続けられそうか、じっくり試してみてはいかがでしょうか。

※2022年3月16日時点での情報です。
最新情報について、詳しくは「メーカーのホームページ」でご確認ください。
※表示金額はすべて税込価格です。
※商品写真および画像はイメージです。

取材・執筆

家電プロレビュアー/ライター 石井和美

家電プロレビュアー/ライター 石井和美

白物家電や日用品などを中心に製品レビューを得意とするライター、家電コメンテーター、家電コンサルタント。レビュー歴15年以上。茨城県守谷市に家電をレビューするための一戸建てタイプ「家電ラボ」を開設、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電のテストも行っている。

Loading...