体験記事詳細

本記事で紹介するドライヤーの集合画像

【2024年】プロおすすめの人気ドライヤー9選!高級・速乾・ヘアケアを備えた優秀モデルを紹介します

ReFa リファビューテック ドライヤースマート RE-AN-02A ホワイト

ReFa リファビューテック ドライヤースマート RE-AN-02A ホワイト

月額サブスクプラン

初月無料キャンペーン

(2024/06/10まで)

初月のみ

0円/月額

1,800円/月額

(30日単位/自動更新)

短期レンタルプラン

6,480円/15日間~


ドライヤー
公開日:2024年5月10日


毎日使う生活家電の一つがヘアドライヤー。紫外線が強い時期など、髪の毛や頭皮へのダメージが気になります。最近は、さまざまなヘアケア機能を備えた製品が販売されており、どれがよいのか迷う人も多いでしょう。

今回は、たくさんの美容家電を見てきたスペシャリストが、今おすすめのヘアドライヤーをご紹介します。

1 高級なドライヤーと安価なドライヤーの違いは?

財布からお金を出している女性のイメージ画像

△やはり機能、性能ともに高価な製品はレベルがぐんとアップ!

高級ドライヤーとは、25,000円を超えるものを指し、安価なドライヤーは8,000円以下のものを指すことが一般的です。その間の8,000円~25,000円の価格帯が、人気のミドルレンジのドライヤーとなります。

高価なドライヤーが安いものと大きく違うのは、髪を傷めにくく美しく仕上げる技術が多数搭載されている点です

大風量かつ高風圧で髪を短時間で乾かせたり、過加熱によるヘアダメージを防ぐセンサーが搭載されていたり、速乾・ヘアケアが叶う製品が多く揃っています。また、メーカーによって独自イオンや、遠赤外線など髪をしっとり仕上げるなどの技術を搭載しています。

安価モデル 3,000円台~7,000円台 風量が少なく、それを補うために風温が高いものがある。重量は軽いものが多い。
人気の価格帯 8,000円台~25,000円台 風量の多さや取り回しやすさは十分だが、美髪機能が弱めで仕上がりに違いを感じにくいことも。
25,000円以上 25,000円以上 髪を傷めにくいだけでなく、髪に潤いをもたらし、なめらかに仕上げるなど美髪効果も感じやすい。

2 ドライヤーの選び方

■速乾重視なら風量だけでなく風の勢いもチェック

ドライヤーで髪の毛を乾かしている女性のイメージ画像

△髪の毛が乾くまでの時間が短いほうがやっぱりストレスが少ないですよね

速乾重視なら、風量と風の勢い(風圧)をチェックするとよいでしょう。風量が多いと短時間で髪を乾かせて、風の勢い(風圧)が強いと風が無駄なくしっかり届き、髪をかき分けなくても地肌まで短時間で乾かせます

これまでは風量の大きいものが速乾性がよいとされていましたが、近年は数値では判断できなくなってきています。

実は風量の計測方法に決まりはなく、メーカー記載の風量は小さくても、速乾性がよいものもたくさんあるため、数値はあくまで目安にしましょう。

■髪のダメージを抑えるなら高級モデルがおすすめ

女性の美髪が風になびいているイメージ画像

△高級モデルは髪の毛や頭皮へのダメージに配慮した機能が搭載されています

髪のダメージを抑えたいなら、高級モデルを選ぶとよいでしょう。ドライヤーでヘアケアするなら、高温や摩擦によるダメージを抑えることと、プラスαのヘアケア機能が重要です。

高級ドライヤーは、上記の機能が優れており、高級ドライヤーならどれを選んでも一定以上のヘアケア効果は期待できるでしょう。

中価格帯や低価格帯のモデルに一部の機能が搭載されていることもありますが、風の量や質、プラスα機能などの全体のバランスのよさは高級ドライヤーにはかなわず、ヘアケアを重視するならやはり高級モデルがおすすめです。

■使い勝手に関わる形状もチェック

ドライヤーとブラシなどのイメージ画像

△人によって最適なタイプは違います

ドライヤーを使う時間が長いなら、使い勝手に影響する形状もチェックしましょう。従来のドライヤーは、ヘッド部分の後部に搭載したファンモーターで風を作り、ノズル部分で風を整えるためヘッドが長くなっていましたが、近年はモーターの進化により、ヘッドが短いものが増えています。

ヘッドが短いドライヤーは、重心バランスが取りやすく、重さを感じにくいのが特徴です。また、腕を高く上げる必要がなく疲れにくいので、髪を乾かす時間が長い人におすすめです。

ちなみに、近年は風圧を高めるためにヘッドが長くて細いものも増加傾向にあります。そのため、ヘッドが長くても軽量で扱いやすい商品もたくさんあるため、ぜひ実際に手に取って試してみてください。

■ヘアケアができる機能も確認しよう

ここからは、ヘアケアできる機能について具体的にご紹介します。多くは高級モデルに搭載されていますが、なかには安価なモデルに搭載されているものもあるので、チェックしてみましょう。

◎イオン

パナソニック「ヘアードライヤー ナノケア」のイオンが出ているイメージ画像

△イオン機能が搭載されているドライヤーを使用すると、髪の毛だけでなく肌にもよい効果が期待できます

髪によいとして知られているのがイオンです。静電気を抑えるマイナスイオンは安価モデルを含め、多くのドライヤーに搭載されています

さらに高級モデルのなかには、水分子に包まれたイオンを放出し、髪に潤いをプラスするものも。代表的なのが、パナソニックの「ナノイー」、シャープの「プラズマクラスターイオン」です。

◎温度調節・センシング機能

シャープ「プラズマクラスタードレープフロードライヤー|IB-WX901」のモード調節機能のイメージ

△複数のモードを搭載している製品は、いろいろな角度からアプローチしてしっかりヘアケアできます

髪は高温にさらされるとタンパク質が変性し、傷んでしまいます。そのため近年は低温タイプが増えているものの、ドライヤーを髪に近づけすぎたり、同じ場所に当て続けたりすると、やはり高温になりがち。

そこで、ダイソンやリファなど高級モデルには、髪や周辺環境の温度を計測するセンサーを搭載されています。シャープのドライヤーは、髪との距離を計測する距離センサーを用いて、髪の温度をコントロールする機能が搭載されています。

◎スカルプケア機能

女性の頭皮のイメージ画像

△頭皮を健康に保つために、髪を根元からしっかり乾かしましょう

頭皮環境を整えるなら、「スカルプモード」が便利。

頭皮が濡れた状態が続くと、頭皮が冷えて血行が悪くなる可能性があるほか、夏場は雑菌が繁殖しやすく、ニオイの原因にもなります。

地肌をしっかり乾かすには、地肌に近づけても熱すぎない「スカルプモード」があると便利。パナソニックやシャープ、ダイソンなど、多くの高級モデルに搭載されています。

■アタッチメントの豊富さもチェック

シャークニンジャ「Shark FlexStyle マルチスタイリングドライヤー」のアタッチメントの画像

△いろいろなアタッチメントがあると使い勝手の幅が広がります

近年はドライヤーとしての機能だけでなく、ツヤを出すためのアタッチメントや、カールヘアが作れるアタッチメントが付いているものも販売されています

たとえば、シャークニンジャ「Shark FlexStyle マルチスタイリングドライヤー」のアタッチメントを使えば、カールヘアが作れたり、浮き毛を抑えてなめらかな髪に仕上げたりできます。

人によってどんなアタッチメントがあると便利なのかは異なります。どんなアタッチメントが付いているのか、付けられるのかもチェックしてみましょう。

■海外へ行くなら海外対応モデルを

旅行の荷物とドライヤーのイメージ画像

△旅行先でも使い慣れたドライヤーを持参したいですよね

旅行にも持参したいなら、重すぎないものやバッグに入れても場所を取らないスリムタイプがおすすめ

あわせて、海外対応モデルかどうかもチェックしましょう。数は多くありませんが、MTGのマルチボルテージ仕様ドライヤー、小泉成器など、海外使用OKをうたうものもあります。

海外対応でない場合は、変圧器や変換プラグで対応が可能なので、過度に海外対応モデルかどうか心配する必要はないでしょう。

3 人気のおすすめドライヤー9選

ここからは人気のおすすめドライヤーを9商品ご紹介します。

■ヤーマン「リフトドライヤー」

ヤーマン「リフトドライヤー」の製品画像

公式サイト

本体約400gと軽量ながら、小型ブラシレスDCモーターにより速乾できる大風量が魅力のドライヤー。遠赤外線と約60℃の低温風で、髪の内側に水分を残しつつ、プラスとマイナスのイオンが静電気を除去し、なめらかな髪へ仕上げます。

リフトヘッドを装着すると、イオン導入と音波タッピングで表情筋や頭筋がリフトアップできる美顔器に早変わり。髪を乾かすついでに美容ケアもしたい人におすすめです。

サイズ 高さ183×幅201×奥行58mm
重さ 約414g
最大風量 2.2㎥/分
自動温度調整 ×
折りたたみ ×
ヘアケア機能 遠赤外線、イオンリセットテクノロジー
スカルプ機能
レンタル

kikitoでレンタル

■シャープ「プラズマクラスタードレープフロードライヤー|IB-WX901」

シャープ「プラズマクラスタードレープフロードライヤー|IB-WX901」の製品画像

公式サイト

4つの吹き出し口から風を送風し、髪を立体的に押し分けることで、従来モデルよりも速乾性がアップしているのが特徴。水分子に包まれた「プラズマクラスターイオン」が髪表面をうるおいでコーティングしてキューティクルを守り、ヘアカラーの退色も抑えます。

距離センサーを活用した「SENSINGモード」を使えば、どの距離から髪に当てても髪の表面温度を55℃以下にキープし、髪が傷みにくいのもメリット。ダメージを抑えつつ短時間で乾かせるので、髪が長い人におすすめです。

サイズ 高さ250×幅80×奥行63mm
重さ 約515g
最大風量 約7.4㎥/分
自動温度調整
折りたたみ ×
ヘアケア機能 プラズマクラスター
スカルプ機能
レンタル

kikitoでレンタル

■MTG「リファビューテック ドライヤースマート|RE-AN-02A」

MTG「リファビューテック ドライヤースマート|RE-AN-02A」の製品画像

公式サイト

風速・風圧の高い風を生み出すファンモーターを搭載し、軽量コンパクトながら速乾性が高いのが魅力のドライヤー。環境温度を感知し、自動で温風と冷風を切り替えながら温度を微調整してオーバードライを防ぐので、ヘアケアにもぴったりの一台です。

イオナイザーと遠赤外線技術により、水分を含んだハイドロイオンを生成して髪に届けるので、なめらかな仕上がりを実現。取り回しやすい軽さと美髪を両立したい人におすすめです。

サイズ 高さ約 216×幅197×奥行き49mm
重さ 約475g
最大風量 約0.9㎥/分
自動温度調整
折りたたみ
ヘアケア機能 ハイドロイオン
スカルプ機能
レンタル

kikitoでレンタル

■KINUJO「キヌージョ ヘアドライヤー」

「キヌージョ ヘアドライヤー」の製品画像

公式サイト

ユニークなT字型の形状が特徴のドライヤー。安定感があり持ちやすく、ヘッドが短いため腕を高く上げる必要はありません。本体は363gと軽量ながら独自開発モーターでパワフルな風量を実現し、ドライ時間短縮を可能にしています。

マイナスイオンを発生させつつ、遠赤外線が髪の内側まで届き、髪表面の熱ダメージを抑えつつ髪を優しく乾かします。髪のパサつきが気になる人におすすめです。折りたたみできるので旅行先や、ジムなどに持って行きたい人にも便利です。

サイズ 高さ約220×幅約201×奥行き50mm
重さ 約363g
最大風量 2.2㎥/分
自動温度調整 ×
折りたたみ
ヘアケア機能 遠赤外線、マイナスイオン
スカルプ機能 ×
レンタル

kikitoでレンタル

■パナソニック「ヘアードライヤー ナノケア」

パナソニック「ヘアードライヤー ナノケア」の製品画像

公式サイト

短いヘッドが特徴で、シンプルかつコンパクトなボディのドライヤー。水分たっぷりの「高浸透ナノイー」が、髪の表面から内側まで潤いを与え、髪の乾燥を防いでくれます。さらにミネラルがキューティクルの密着を助け、ヘアカラーの退色抑制も可能です。

そのほか、「スキンモード」は顔にも使うことができ、肌水分量アップが期待できます。過度な熱を抑えるセンサー搭載など、髪に優しい機能も搭載しているため、特にパサつきが気になる人におすすめです。

サイズ 高さ22.1×幅14.8×奥行7.4cm
重さ 約550g
最大風量 1.6㎥/分
自動温度調整
折りたたみ ×
ヘアケア機能 高浸透ナノイー&ミネラル
スカルプ機能
レンタル

kikitoでレンタル

■ダイソン「Dyson Supersonic Shine ヘアドライヤー」

ダイソン「Dyson Supersonic Shine ヘアドライヤー」の製品画像

公式サイト

小型ながらパワフルな「ダイソン デジタルモーターV9」を搭載したドライヤー。温度が上がり続けないよう風温をコントロールしつつ、素早く乾かすことで、過度な熱によるヘアダメージを抑えます。

さらに低温で乾かしたい人は、風温が最大20℃低下する※「低温ツール」を。また「ツヤ出しツール」を使えば、ドライヤーとブラシを使用したブローをしなくてもつややかに仕上げられます。短時間で髪を乾かしながら、仕上がりにもこだわりたい人におすすめのドライヤーです。

※本製品の風量・風温を最大に設定し、低温ツールを装着した場合と装着しない場合の比較。使用場所の状況や使い方などで効果は異なることがあります。

サイズ 高さ288×幅77×奥行き98mm
重さ 720g
最大風量 2.4㎥/分
自動温度調整
折りたたみ ×
ヘアケア機能 マイナスイオン
スカルプ機能 ◯(付属の低音ツールを使用)
レンタル

kikitoでレンタル

■シャークニンジャ「Shark FlexStyle マルチスタイリングドライヤー」

シャークニンジャ「Shark FlexStyle マルチスタイリングドライヤー」の製品画像

公式サイト

バトンのような形状の先端をクルっと回すとドライヤー形状になる多機能ドライヤー。アタッチメントを付けるだけで、ツヤ出しからヘアカール、スタイリングまで1台で可能です。

温度は毎秒1000回計測し、90℃以下に制御するため、髪がダメージを受けにくいのも特徴。折りたたみはできませんが、スリムなので収納や持ち運びにも場所を取りません。

サイズ 高さ285×幅45×奥行き45mm
重さ 約370g
最大風量
自動温度調整
折りたたみ ×
ヘアケア機能 マイナスイオン
スカルプ機能 ×
レンタル

kikitoでレンタル

■クレイツ「エレメアドライ マルチステージ」

クレイツ「エレメアドライ マルチステージ」の製品画像

公式サイト

美容室でも使われているプロ仕様のドライヤーで、ブラシレスDCモーターを搭載し、温度ムラのないパワフルな風で髪を速乾。天然鉱石とイオンによる独自の「プレミアムクレイツイオン」が水分の蒸散を抑え、髪内部の水分バランスを整えます。

さらに、風温も40℃から120℃の20℃刻みで設定できるので、個々の髪の状態やシチュエーションに合わせたヘアドライが可能。加齢やダメージなどで髪のパサつきが気になっている人におすすめです。

サイズ 高さ235×幅230×奥行き80mm
重さ 約445g
風量 HIGH・MEDIUM・LOWの3段階
自動温度調整 ×
折りたたみ ×
ヘアケア機能 プレミアムクレイツイオン
スカルプ機能 ×

■マグネットヘアプロ「ドライヤーゼロ ブラックプラス/ホワイトプラス」

マグネットヘアプロ「ドライヤーゼロ ブラックプラス/ホワイトプラス」

公式サイト

ヘアスタイリストのために生まれたプロユースのヘアドライヤー。約350gと超軽量ながら、髪に作用するテラヘルツなど数種類の天然鉱石やミネラルを独自配合し、キューティクルを整えながら仕上げます。

5段階の温度と3段階の風量調節により、速乾、ボリュームアップ、頭皮ケアなど多彩なアプローチでのドライが可能。その日のコンディションに合わせてドライも微調整したいこだわり派におすすめです。

サイズ 高さ約230×幅215×奥行き55mm
重さ 約350g
風量 HIGH・MEDIUM・LOWの3段階
自動温度調整 ×
折りたたみ ×
ヘアケア機能 テラヘルツ、ミネラル、セルフカスタマイズ機能
スカルプ機能 ×

4 まとめ

高級ドライヤーは値段が高いため、購入を躊躇している人も多いかもしれません。しかし、毎日ヘアケアでき、美容院でトリートメントする頻度が減らせたら、実はお得と考えることもできるのです。

とはいえ上記のように、ブランドによって得意とする機能はさまざまですので、どれにしようか迷っている方は一度、レンタルを利用してみてはどうでしょうか。kikitoでもドライヤーのレンタルを行っています。まずは、お試しでレンタルして使用感などをチェックしてみることをおすすめします。

※2024年4月時点での情報です。最新情報について、詳しくは「メーカーのホームページ」でご確認ください。
※商品写真および画像はイメージです。

取材・執筆

田中真紀子

白物家電、美容家電を得意とする専門家兼ライター。雑誌、Webを中心に年間300近い記事の執筆や監修を手掛けている。検証およびレビュー記事では、ユーザー目線を大切にした主婦ならではの感性に定評あり。ベビー用品、生活雑貨、医療など、暮らしにまつわる記事も多数。
田中真紀子オフィシャルサイトはこちら

関連する商品

もっと見る人気の商品

関連する記事

Loading...