体験記事詳細

自宅のベランダでキャンプをしているイメージ

狭くても大丈夫!ベランピング初心者におすすめしたいお楽しみグッズを紹介

プロジェクター Nebula Capsule ll

プロジェクター Nebula Capsule ll

短期 3,480円/3日間~

もらえるプラン 4,900円/月額
(30日単位/自動更新)


モバイルプロジェクター
ARゴーグル
オーディオ機器
公開日:2022年5月11日


ベランピングとは「ベランダ」と「グランピング」を掛け合わせた造語で、自宅のベランダでキャンプのような気分を楽しむこと。初心者でも簡単にできる定番アイテムや、ちょっとした工夫でより楽しめるグッズをご紹介!狭くてもできるのか、何があったらいいのか、どんなことに気を付けたらいいのかなどの疑問にもお答えします。

1 ベランピングって何?どんなことができるの?

ベランピングを楽しむイメージイラスト

近年、大ブームとなっているキャンプ。グランピングからソロキャンプまで、さまざまなスタイルのキャンプが広がりを見せています。しかし、キャンプ場も混んでおり、本格的な道具を持ってキャンプ場まで行くのはなかなか大変です。

そんなとき、手軽に楽しめるのが自宅のベランダで過ごす「ベランピング」です。キャンプ道具をベランダに広げ、ゆっくりとした時間を過ごす。徒歩0分で非日常が味わえます。

■ベランピングの定番スタイル

一番簡単なのが、アウトドア用のチェアとテーブルなどを用意して、コーヒーやお茶と軽食もしくはアルコールとおつまみを楽しみながら過ごすというスタイル。さらに日よけのサンシェードや、優しい風が吹く扇風機、その他アウトドアグッズがあれば雰囲気もアップします。快適な空間を用意しましょう。

■ベランピングのメリット

ベランピングの最大のメリットは、自宅のベランダでできるということ。どこかに出掛ける必要もなく、飲み物や料理はキッチンから用意できます。さらに、虫に刺される心配やトイレなどの問題もありません。

・自宅で気軽にキャンプ気分
どこかに外出する必要がないので、たとえ短い間でもゆっくりとした時間が満喫できます。また、ワンルームなど一人暮らし向けの部屋の狭いベランダでも、工夫次第でベランピングは可能です。
・天候に左右されない
屋根のあるベランダなら、多少の雨でも吹き込まなければOKです。
・電源が自由に使えるので、装備の選択肢が増える
家のコンセントから延長コードを引っ張ってくれば、家電も使えます。

■ベランピングで気を付けるポイント

ベランピングで最も気を付けたいのは、近隣住宅に迷惑を掛けないことです。音楽や動画を楽しむ場合は、うるさくならないように気を付けましょう。また、ホットプレートなどを使ってバーベキューなどを行う場合、煙やにおいにも注意が必要です。マンションの規則なども事前にチェックしておきましょう。

2 ベランピングでそろえたい定番グッズ

ベランピングにおいて最も重要なのが、アウトドアグッズをそろえること。これがないとベランピングの雰囲気が半減してしまいます。高価なグッズである必要はないので、少しずつアウトドアグッズを増やしていくとよいでしょう。

◎初心者なら「アウトドアチェア」がおすすめ

アウトドアチェアでくつろぐイメージ

最初に用意することをおすすめしたいのが、リクライニングができるアウトドアチェアです。ベランダにこれを置くだけでも雰囲気はさま変わり。スペースがあるなら、足を伸ばせるタイプがおすすめ。逆にベランダがあまり広くないなら、ロースタイルのチェアがかさばらずに使いやすいです。

◎「アウトドア用の食器」もあると便利

ホットサンドメーカーなどの調理器具

ベランピングの雰囲気を出してくれるアイテムの一つが、アウトドア用の食器です。たとえば、同じコーヒーを飲むのでも、普段使いのコーヒーカップで飲むのではなく、コッヘル(屋外で使用される携帯用の小型の調理器具)で飲むだけでアウトドアの雰囲気が楽しめます。また、アウトドアで使えるステンレス製の食器もおすすめです。

◎100均でも自作できる「おしゃれ照明」

コットンボールライトのイメージ

ベランダを装飾することで、ベランピングの雰囲気をアップできます。たとえば、100円均一ショップ等で購入できるコットンボールライト。これは部屋やベランダに掛けるだけで、簡単に幻想的な雰囲気がつくり出せるものです。

このほか、キャンドルライトなども選択肢の一つ。このように、ベランダの雰囲気に合う照明を100円均一ショップやインテリアショップなどで探してみるといいでしょう。

◎燻製機やソーダマシンなどの「調理家電」も活躍!

使い捨て燻製機のイメージ

ベランピングの魅力の一つが、さまざまな家電を使えることです。たとえば、ハイボールを作る場合、ソーダマシンを用意しておけばウイスキーを注ぐだけで、簡単に炭酸ハイボールが楽しめます。

また、ホットプレートや燻製機などの調理家電も利用可能。たとえば、ホットサンドメーカー。パンと食材を用意して、それを挟んで焼くだけ。電化製品なので、火事などの心配をすることなく、ベランダでもあんしんして使えます。具材によってさまざまなアレンジができ、多彩なホットサンドが作れます。

また、電気ケトルでお湯を沸かして、コーヒーのハンドドリップを味わうのもおすすめ。あえて手動のミルでコーヒー豆をひいてみるのもいいですね。

ただし注意しておきたいのは、調理家電や生活家電の多くは屋内使用が想定されているということ。このため、雨や砂埃などにさらされると壊れる可能性もあります。

そのため、調理家電は室内のベランダ部分ギリギリに設置するのがおすすめです。

3 ベランピングに取り入れたい! プラスアルファ家電

上述したとおり、ベランピングではさまざまな家電が活用できるのも、大きなメリットです。ここでは、ベランピングをさらに充実させてくれるガジェットをご紹介します。

■外でお手軽!ベランダシネマ
モバイルプロジェクター アンカー・ジャパン/Nebula Capsule ll

アンカー・ジャパン/Nebula Capsule llの製品画像

アンカー・ジャパン/Nebula Capsule llの屋外での使用イメージ

バッテリーを内蔵しており、どこでも手軽に映像を投影できるモバイルプロジェクター。 最大100インチの映像投影に対応。Android TV9.0を搭載しており、本体にアプリを直接ダウンロードすることが可能なので、Wi-Fiに接続してさまざまなジャンルの動画サービスを視聴できます。

またオートフォーカス機能や台形補正機能も搭載。スクリーンの代わりに、ベランダの壁やフェンスにシーツなどを掛けるだけで、手軽に投影ができます。

【おすすめポイント】
・バッテリー内蔵なので、電源がない場所でも利用可能
・Wi-Fi接続だけで動画サービスが視聴できる
・Bluetoothスピーカーとしても使える/dd>

kikitoでレンタルする

■投影面がなくても大画面動画を楽しめる!
ARグラス エンリアル/Nreal Air

Nreal Airの製品画像

対応スマートフォンに接続して、耳に掛けるだけで大画面が表示できる眼鏡型のモバイルモニター。スマートフォンの画面をそのまま映し出すことも、目の前の景色に映像を重ねて表示するMR (Mixed Reality)モードを利用することも可能。また、パソコンの画面を投影することもできます。

ベランピング中に一人で映像を楽しみたいといった場合におすすめです。

【おすすめポイント】
・眼鏡型なので手軽に使える
・4m先に130インチ相当の大画面映像が表示できる
・パソコンの画面を投影して仕事もできる

kikitoでレンタルする

■夜でも安心!音漏れなしで音楽鑑賞
骨伝導ヘッドセット Shokz /OPENRUN PRO

Shokz/OPENRUN PROの製品画像

耳をふさぐことなく、振動によって音を伝えるワイヤレス骨伝導イヤホンの最新モデル。第9世代の骨伝導テクノロジー「Shokz TurboPitch」、ノイズキャンセリング・マイクを搭載し、骨伝導ながら、高音質での音楽視聴が楽しめます。

耳をふさがず、周囲の環境音を同時に聞くことができるので、 家族に話し掛けられたときや電話がかかってきたときなどにも対応できます。

【おすすめポイント】
・骨伝導ながら高音質に対応
・最大10時間のバッテリー駆動が可能
・話し掛ける声や周囲の音に対応できる

kikitoでレンタルする

■いい音のBGMで気分を盛り上げるスピーカー
ワイヤレスポータブルスピーカー ソニー/SRS-XB43

ソニー/SRS-XB43の製品画像

Bluetooth®接続で高音質サウンドを実現するワイヤレススピーカー。ウーファーとトゥイーターをそれぞれ2基搭載することで、 広がり感のあるサウンドをしっかりとした音圧で聞くことができます。また、防水・防塵・防錆に対応しているため、キッチンやベランダなど家のさまざまな場所やアウトドアでも楽しめるのがうれしい点です。

【おすすめポイント】
・コンパクトボディながら、迫力のあるサウンドを再現
・ライブサウンドモードを搭載し、臨場感豊かな音が楽しめる

kikitoでレンタルする

■雰囲気づくりに最適!焚き火感覚の電気暖炉
ファンヒーター Dimplex/オプティフレーム RtizⅡ

Dimplex/オプティフレーム RtizⅡの製品画像

LEDの光を炎のように映し出せる電気暖炉。電気暖炉の光には癒やし効果があり、見ているだけでリラックスできます。ベランピングでは焚火はできませんが、電気暖炉があれば、その代わりに炎の演出を楽しめます。ヒーター機能を使わずに炎の演出だけを利用することができるので、夏場でも夜のベランピングで活躍してくれるでしょう。

なお、kikitoでは同じオプティフレームシリーズの「アークリー」をレンタルできます。

【おすすめポイント】
・炎の揺らめきを見てリラックス
・光とヒーターは別駆動ができるので、夏場も利用可能

kikitoでレンタルする

4 ベランピングのお試しにピッタリ!まずは機材をレンタルして挑戦

自宅のベランダで手軽に楽しめるベランピング。ちょっとしたアイテムをそろえるだけで、非日常の空間を体感できます。そして、そのベランピング空間に家電をプラスすると、さらに楽しみが広がるのです。ベランピングでおすすめの家電は、まずはレンタルで 試してみてはいかがでしょうか?

※2022年5月11日時点での情報です。
最新情報について、詳しくは「メーカーのホームページ」でご確認ください。
※商品写真および画像はイメージです。

取材・執筆

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

デジタル家電ライター。1973年生まれ。大学在学中よりカルチャー誌でライターデビュー。PC、AV関連のデジタル機器から、白物家電、それらを取り巻くサービスについて、レビュー、検証、開発インタビュー、執筆活動を行う。三女の父。米・食味鑑定士。撮影とテストの空間「コヤマキッチン」スタート。企業のコンサル活動も対応。家電のためのコミュニティー「家電総合研究所」も開設。


関連するデバイス

もっと見る人気のデバイス

関連する記事

Loading...